(有)橋本屋酒店 本文へジャンプ

日本酒
焼酎
アクセス
会社概要
top page
ブログ
お酒の
豆知識


お問い合わせ
ネットからのご注文はこちらからどうぞ
 日本の小規模蒸溜所を中心にウイスキー、ジン、ラムを幅広くお取扱いしております。

イメージ イメージ
ベンチャーウイスキー 秩父蒸溜所
(埼玉)
 本坊酒造 マルス信州蒸溜所 マルス津貫蒸留所
(長野) (鹿児島)
江井ヶ島酒造 ホワイトオーク蒸溜所
(兵庫)
 肥土伊知朗さんのウイスキーへの熱意が世界を動かし素晴らしいウイスキーを送り出しています。生産量も少ないことから中々ご案内も行き届かない状況ではありますが、秩父の風土から生まれた素晴らしいウイスキーをより多くの方に味わって頂ければと思っております。
 長野、鹿児島の両県に蒸溜所を構え、様々な個性を纏ったウイスキー及びジンを造っています。標高798mの信州蒸溜所、本土最南端の津貫蒸留所。日本初のウイスキー誕生は1929年。その後の戦後間もない1949年から始まったマルスウイスキーは日本のウイスキーの歴史を支え続けています。  ウイスキーの製造免許を取得したのは1919年。その後、新たなウイスキー蒸留所竣工が1984年。小規模蒸溜所ながら現在でもシングルモルトを比較的お求めやすい価格でリリースしており貴重です。
南国フルーツのフルーティーさを纏ったライトなものから、様々な樽熟成シングルモルトにチャレンジしており、ウイスキーファンにはたまりません。。

若鶴酒造 三郎丸蒸溜所
(富山)
ガイアフロー 静岡蒸溜所
(静岡)
Number One Drinks 京都蒸溜所
(京都)
 1952年にウイスキー製造免許を取得し"サンシャインウイスキー"を発売。2019年に鋳物製蒸溜器"ZEMON"を導入し益々期待をしている北陸唯一の蒸溜所です。三郎丸蒸溜所で生み出されるウイスキーはピーテッドタイプ。玄人好みでファンを増やしています。  2017年に稼働を始めた期待の静岡蒸溜所。シングルモルトのリリースまで楽しみにお待ちください。 2016年に誕生した国内初の"GIN"専門蒸溜所でクラフトジンのパイオニアとなりました。ロンドンドライジンの本場のスタイルをベースに選りすぐった和のボタニカルを調和させた革新的なジンを生み出しています。

アルケミエ 辰巳蒸留所
(岐阜)
ナインリーヴズ 蒸留所
(滋賀)
ePower
(岐阜)
 2017年より郡上八幡で辰巳さんが一人で造るジン・アブサンの蒸溜所です。一つ一つのボタニカルの個性を大切に活かした個性で一気にファンを増やしてきました。少量生産ですが出来うる限るご案内できればと思います。  2013年に創業した国産ラム酒のマイクロディスティラリーです。原料は沖縄県・波照間島の黒糖でこれによりclearなスッキリとした甘味が表現されたラムを造り上げました。クリアラム、樽熟成のラムと揃えております。  非常にクオリティーの高いプライベートボトルウイスキーをミューリー・ラファエル氏のもと手掛けている日本のボトラー。オリジナル商品は良いものしかボトリングしないという信念で年に数回しかリリースされず年々評価は上昇の一途を辿っています。

ARRAN アラン蒸溜所 SPRINGBANK スプリングバンク蒸溜所 KILCHOMAN キルホーマン蒸溜所
スコットランドで最も美しい島の一つとして知られ、スコットランドの地形、地質学的特徴を全て備えていることから、「スコットランドのミニチュア」とも称されています。 ノンピートの大麦麦芽を使用し、小さな2基の蒸溜器で、じっくりと品質にこだわり、麦芽本来の自然な甘さと香ばしさにアイランズモルトならではの潮風のスパイスが効いたシングルモルトは、IWSCなど多くの賞を受賞しております。アラン島ではかつて50以上の蒸溜所がありましたが1836年までに全て閉鎖。しかし、1995年にアラン蒸溜所が新設され160年ぶりにウイスキー造りが再開されました。現在も島唯一の蒸溜所です。  『塩辛さ』が特徴のキャンベルタウンモルト。3基の蒸溜器を使い、タイプの違う3種類のシングルモルトを製造。 程良くピートを焚き、2回半蒸溜の『スプリングバンク』、ヘビーピートで2回蒸溜の『ロングロウ』、ノンピートで3回蒸溜の『ヘーゼルバーン』。 製麦からボトリングまでのすべての工程を蒸溜所の敷地内で管理する姿勢は、キャンベルタウンモルトの看板を背負う自負と誇りの表れです。 2005年にアイラ島に誕生したファームディスティラリーです。蒸溜所の近隣に広がるピート(泥炭)を生かしてつくられる個性的なスモーキーウイスキーは多くのファンを魅了しています。

Glengyle グレンガイル蒸溜所 GLEN ALLACHIE グレンアラヒー蒸溜所 St.George's セントジョージズ蒸溜所
 キルケランはキャンベルタウンに2004年にオープンしたミッチェルズグレンガイル蒸溜所のシングルモルトウイスキーです。グレンガイルは1925年に閉鎖されたオリジナルと同じ敷地に建てられています。姉妹蒸溜所であるスプリングバンクでフロアモルティングしたライトピート麦芽を使用し2回蒸溜でつくられるキルケランの生産量は10万リットルほどで年に3か月ほどスプリングバンクの職人により蒸溜されています。  グレンアラヒー蒸溜所はアベラワーの町の郊外に1967年設立の蒸溜所です。これまでブレンデッドウイスキーへの原酒供給をメインに行っており、シングルモルトとしては極めて希少な銘柄でした。2017年大手メーカー傘下から独立し、シングルモルトを世に送り出しはじめています。 セントジョージズ蒸溜所は2006年にプリンス・チャールズにより公式にオープンし、現在も現在もチャールズ皇太子所有の樽が熟成されています。使用している大麦は蒸溜所から30マイルのサンドリンガム産で、このサンドリンガムには1862年から4代続く王室の私邸があり、王室と何かと縁の深い蒸溜所です。

Glenfarclas グレンファークラス蒸溜所 MASTER of MALT マスター・オブ・モルト BerryBros&Rudd ベリーブラザーズ&ラッド
 ゲール語で「緑の草の生い茂る谷間」を意味するグレンファークラスは、ハイランド地方スペイサイドで1836年に創業しました。
1865年にグラント家が蒸溜所を購入して以来、6世代にわたり家族経営を続けるとともに、伝統的なスペイサイドスタイルによるウイスキー造りにこだわりつづける、現在では数少ない蒸溜所です。時代に左右されない信頼の味わいは、世界中のウイスキー愛好家を魅了し続けています。
 ウイスキーマガジン誌で世界bP小売店に3回も選ばれたマスター・オブ・モルト。そのプロデュースする全てがスモールバッチ、ノンエイジ(年数表記ナシ)である「ブティックウイスキー」は世界的に絶大な人気を誇っています。他にも魅力的なオリジナルウイスキーを手掛けており、今後も更なる驚きと感動を世界中に発信するでしょう  BBRは18世紀キングジョージ3世の時代から現在までロイヤルファミリーにワインを供給している名門中の名門で、2つのロイヤルワラントを授かっています。100年以上前に使っていた伝統のあるラベルを再現した復刻ラベルシリーズはスピリッツマネージャーのDouglas McIvor氏の全面協力のもと、素晴らしい樽を厳選し、ボトリングしています。

CADENHEAD'S ケイデンヘッド DUNCAN TAYLOR ダンカンテイラー Morrison and Mackay モリソン&マッカイ
 ケイデンヘッドは1842年アバディーンに創業したスコットランド最古のインディペンデントボトラーです。ノンチルフィルターとノンカラーリングをポリシーとし、175年以上の歴史が積み上げた蒸溜所とのコネクションと磨かれた目利きによる品質の高さは他の追随を許しません。。   モリソン&マッカイは元モリソン・ボウモア取締役のブライアン・モリソンとキーパー・オブ・ザ・クエイクを受賞しているケニー・マッカイがスコットランドのパースシャーで創業したインディペンデントボトラーです。

SAMAROLI サマローリ Whisk-e ウィスク・イー Silver Seal シルバーシール
 1968年、イタリアに創業したサマローリは、スコットランド以外では初のインディペンデントボトラーです。非スコティッシュボトラーの先駆者として、数多くの伝説的なボトリングを排出し、そのクオリティの高さと魅力的なラベルは、多くの熱狂的なファンを魅了し続けています。 アラン蒸溜所の日本代理店として1995年に設立。以来、様々なウイスキーの輸入を手掛けるようになり今日の日本におけるウイスキー愛好家より絶大な信頼を得るハイクオリティーのオリジナルボトルも数多く発売しています。

BLACKADDER ブラックアダー ASTA MORRIS アスタモリス
  モルト新興国ベルギーの人気ボトラー「アスタモリス」代表のバート・ブラネル氏が選ぶウイスキーは、繊細かつデリケートな味わい。細やかで一瞬一瞬で違う顔を見せるアスタモリスのウイスキーは、ぜひ様々なモルトを飲み尽くした愛好家の方々にオススメしたいセレクションです。

お問い合わせは下記電話、Fax又はメールにて承っております。

04-2959-3051 Fax 04-2959-0329  お問い合わせ

oldwhisky.htmlへのリンク